不動産投資でかかる費用はどれくらいあるのでしょうか。

不動産と利回りは紙一重です。不動産購入をする際種類は大きく分けて2種類あります。諸経費の前者にあたるものを表面利回りといいその後者にあたるものを実質利回りと言います。

 

まず表面利回りから紹介していきます。年間収入と不動産価格を割って100でかけたものを表面利回りと言います。価格の見方としては500万円から10000万円を割って100でかけたものの割合で計算し5パーセントの割合になります。

 

次に実質の利回りを紹介をしていきます。これは、表面利回りと少し難しく年間年収と保有時の諸経費を引いて不動産価格と購入時の諸経費を足してこの2つを割って100でかけたものが実質利回りとなります。説明の中で諸経費の説明がありましたが、大きく分けて2つあり固定資産税と都市計画税などを含みます。

 

実質利回りの計算も少し難しく500万円を100万円で引いて10000万円と500万円を足してこの2つを割ったものを100でかけたものが3.8パーセントという計算になります。難しい計算ですが利回りをする際に大切なことです。諸経費の話をしてきましたがそれに関連してコストもあります。これには大きく分けて5つあります。

 

建物に対する消費税、不動産仲介手数料、契約者に張り付けする印紙税、登録する場合の登録免除税、司法書士手数料、不動産取得税があります。これらには一体どのようなものがあるのでしょうか。この中から3つほど紹介していきます。

 

まず建物における消費税は、不動産の購入代金を支払う場合に土地代金自体に消費税はかかりませんが、建物そのものの代金には消費税として5パーセント課せられます。

 

次に不動産仲介手数料としては200万円以下の場合手数料は5.25パーセント、200万円超え400万円以下の場合4.2パーセント、400万円以下の場合3.15パーセント課せられます。不動産取得税は土地と建物がありそれぞれに固定資産税評価額が課せられます。