土地を売却したいという時に、ご近所に知られたく無いという方もおられます。

 

ご近所には内緒で土地を売却することはできる?

 

理由は様々ですが、そういうご依頼は思ったよりも多いのです。一般的には不動産物件を売却する際はwebなどの媒体や、新聞折り込みなどの媒体で売却物件である旨の広告を打つこになります。そういう形で広告を出してしまうと、土地を売りに出していることがご近所に分かってしまう訳です。

 

しかし、一般的な広告媒体を介さない売却方法という物も実は存在します。この売却方法ができる業者と、できない業者がありますのでまずは相談してみることをお勧めします。比較的大きな不動産業者ですと、お客様も多く既に希望に添った不動産が出るのを待っている場合があります。

 

そういった物件待ちで、登録されているお客様を不動産業者が持っている場合は広告を打つことも無く紹介という形で契約まで持っていくことができるのです。

 

ただし、逆のパターンもかんがえなければいけません。売りたいという旨を登録し、条件が合致する方を探すという形です。実は、後者の様に条件に合う買い手を探すという形の方が多いのが現状です。簡単に売り手と買い手の条件が合致することは少なく、ご近所に秘密で土地を売却する場合は多少時間に余裕を持って考えることが必要です。急いで売りたいという方には、広告を打たないでの売却は条件としては厳しいと言えるでしょう。

 

当然ですが、業者にはお客様の個人情報の守秘義務がありますので契約を勧める上で情報が出てしまう心配は限りなくゼロに近いといえます。しかし、購入希望者の物件の内覧など希望が有る場合には、細心の注意を払う必要があります。そういった所まで、しっかりとサポートして無事に売却まで持って行けるだけの過去実績のある不動産業者選びが必要と言えます。

 

内覧時は、車を離れた場所に止めて案内する等の方法を取ることが一般的です。迎える側も、それに見合った対応をする必要もありますので相談やアドバイスにしっかりと答えてくれる業者をさがしてください。