サブリースって?

不動産投資を行う場合に注意しなければいけないことは、第一に投資額に見合った利益をきちんと上げられることができるのかどうかをしっかりと見極めることです。その要素には建設費や購入費などの初期費用のほか、固定資産税や営繕費、その他の維持費をしっかりと見込むことが重要です。さらに、家賃収入に関しては部屋数が多いほどその空き室になることのリスクも十分に考慮しなければならないものです。

 

最近では、サブリースといわれる方法で安定した収入を得ることができるシステムを採用している不動産業者も少なく有りません。このサブリースとは物件すべてを一定の金額で借り上げることで家主の空き室リスクを無くし、安定した収入となるものです。基本的には毎月一定の収入が入ることになるため家主としては計画性があり便利な方法ですが、場所や条件によっては大きな損をすることになりかねないので注意が必要です。

 

サブリースの場合には基本的にその相場に対してかなり低い価格になってしまうこと、また実際にサブリースを行っている物件は比較的満室が多いことなどあり、サブリースを採用しない方が家賃収入が多いケースも少なく有りません。また、サブリースの場合には2年ごとに基準の家賃を見直すことになっており、前年までの入居率が低い場合などは大幅に減らされてしまうことも少なく有りません。

 

また、建設当初からサブリースを前提に契約する場合には、その建設費の中に将来のサブリース時に不動産業者が支払う金額の一部を上乗せしている危険性もあるので注意が必要です。建設費として家主から余分に徴収し、その一部をサブリースの費用に充当することで高い金額でサブリースしているように見せかける詐欺の方法もあるのです。

 

このように不動産投資をする際には信頼できる不動産会社であるかどうかが最も重要なポイントです。もちろん周辺の景色や立地条件なども非常に重要ですが、信頼できる不動産会社を選ばないと正当な利益を得ることが難しくなる場合もあるので注意が必要です。