土地の査定金額を比較

 

土地の査定金額を比較して他より高すぎる会社には注意?

 

土地や戸建て、マンションなどの不動産を売却する際は必ず不動産会社を仲介します。不動産会社は以前は一社のみを訪問して、そこで見積もりを出してもらい、依頼するか、複数訪問して、一番信頼できそうな不動産会社に依頼することがほとんどだったのですが、近年ではインターネットの普及で不動産売却の一括査定サイトを利用する人が増えています。

 

一括査定サイトは一度のアンケートのような入力で複数の不動産会社に査定を依頼できるサービスです。一括査定サイトも複数あるので、提携している不動産会社が多いサイトを選ぶ方がいいでしょう。最近では1000社程度と提携しているところも多いです。複数の不動産会社が査定するので、相場が分かります。

 

極端に他より高い価格を出す会社は気を付けた方が良いでしょう。査定額を高く見積もり、売り手を捕まえるという手法は不動産会社ではよく行われています。どこよりも高い価格を提示し、専任仲介をとります。その後適度に対応して、時間を稼ぎ、もし売れなければ、値下げを持ちかけます。

 

その後相場かそれ以下の価格で売却することになります。例えば不動産を相続すると、10カ月以内に相続税を払わなければなりません。それを過ぎると高額な延滞税を支払わなければなりません。土地を売って相続税を払おうと思っている人は、売れないと足元を見られ、値段を下げて、泣く泣く希望とかけ離れた金額で売却してしまったという話もあります。高い査定額を出されたからと言って、その金額で売れる保証はどこにもありません。

 

特に今はインターネットのおかげで土地の相場は誰でも調べることができます。相場以上の価格で売れることはあり得ません。複数の不動産会社の営業担当者と実際に会ったり、電話で話して、その価格で売れる見込みがあるという具体的な根拠を説明してくれるところであれば、信頼できるかもしれません。その他にも、ただ契約を結びたいためだけに、親切に接する営業担当者もいるでしょう。実際に会って本人の目で見極めるしかありません。