土地売却時の費用

 

土地を売却する時に必要となる費用について

 

所有している土地を売却するとなると、かなりのまとまったお金が入ってくるといった面ばかりに注目してしまいがちですが、実は売却するにしても様々な費用がかかると言えます。

 

場合によっては、想像していた以上の出費になってしまうといった事にもなりかねず、土地を売却した事により得られるお金が少額になってしまう可能性もあると言えます。

 

その為にも事前に売却の際にかかる費用について、把握しておく必要があると言えます。

 

まず、販売を行い、無事に買い手が見つかった場合には、取り交わす売買契約書に添付する収入印紙が必要になります。
この収入印紙の印紙代は、その売買する金額ごとに異なる為、事前に確認をする必要があると言えます。

 

次に、土地の売却を不動産会社を通して行う場合には、当然に仲介手数料が発生します。
仲介手数料の計算方法は、(売買金額×6万円)+消費税で行われ、その仲介手数料の支払いのタイミングは、土地の引き渡し時期に行うとされている事が一般的です。

 

しかし不動産会社によっては、契約した時に手数料の半額、そして引き渡しした時に残りの半額と指定しているところもある為、こちらも確認が必要になります。

 

また土地を引き渡す際には、印鑑証明書も必要になる為、その証明書を取得する際の費用も必要になります。

 

そして仮に、売却する土地の上に建物が建っている場合には、更に費用がかかると言えます。
更地にしての引き渡しの契約をしている場合には、売り手側がその建物の解体費用を負担する必要が出てくるからです。

 

その他にも、その建物を取り囲んでいる塀やフェンスといったものや、それ以外の土地上に存在しているものの撤去費用も必要になる為、それらの費用についても予め計算しておく必要があると言えます。

 

この様に、売却を考えている土地の状況などによって、それにかかる費用といったものには違いが出て来てしまうと言え、それらの事を踏まえた上で売却をする必要があると言えます。