不動産オークションで土地が売れる?

 

土地は不動産オークションで売却することもできる?

 

不動産会社に土地の売却依頼をしたけどなかなか売れない、思い通りの売却条件にならず行き詰ってしまった物件であれば、不動産オークションも試してみてください。

 

不動産オークションはインターネット上で土地の売却をできる仕組みです。ネットオークションを通じて購入者を幅広く募集することができます。

 

オークションと言うからには、期間中にどうしても買いたいという人がいればいるほど価格が上昇していきます。どんどん価格が下がるということはありません。安く買いたい買主と高く売りたい売主の要望を叶えることができる方法とも言えます。不動産会社の仲介だともしかしたらもっと高く売れたらと言う疑念が残ってしまいますが、オークションだと相場ということになるのでその疑念がなくなるからです。

 

出店するには不動産鑑定士の調査が必要になります。不動産鑑定士により審査されたものが、不動産オークションに出されることとなります。格付けがされているものもあり、ネットオークションによっても掲載する情報は違ってきます。購入決定はすべてホームページ上からすることになるので、買う側も全く知識がなくても大丈夫です。売る側もサイト運営側が契約まできちんとサポートしてくれます。全国幅広く売主と買主を結び付ける不動産オークションですが、ネット上で済ませるとなると実際の物件の状態を見ることができません。

 

また、周辺の環境も確認することができません。遠方であればなおさらです。これを解決するためにはなるべく多くの情報を提供する必要があります。写真をたくさん載せるなど工夫を凝らすようにします。最近では自治体も不動産オークションをするようになっています。差し押さえ物件や自治体自体が所有している不動産をネットオークションで公売しています。

 

ネットというと不安に思う人もいるかもしれませんが、官公庁も利用しているネットオークションであればまず問題ないと言っていいです。