離婚で土地売却する方へ

 

離婚をきっかけに土地を売却する際のポイント

 

離婚を決めた夫婦の場合、財産分与を行っていく中で所有している土地についても売却する事に直面すると言えます。

 

そしてこの土地は住宅ローンの支払い中であったとしても、財産分与の対象となります。

 

まずは、売却する土地の資産価値を把握しておく必要があります。
そして住宅ローンの残債がある場合には、その残債についても把握しておく必要があると言えます。

 

インターネットなどで、周辺の土地の価格などを調べておき相場を確認する事を始め、不動産鑑定士や不動産会社などに依頼して、具体的な金額を計算してもらうといった事も重要になってきます。

 

この際に気をつけておかなければならないのは、その土地の価格が住宅ローンの残債と比較して多いのか少ないのかといった点です。

 

土地を売却しようと考えた場合には、離婚後に夫婦のどちらもそこに住むつもりがないのであれば、売却という事が現実的になります。しかし、住宅ローンの残債が売却価格を上回ってしまう場合においては、その差額を補填出来ない限り売却する事は出来ません。

 

また、この様な場合に住宅ローンを組んだ銀行に黙って賃貸として貸し出し、賃料を得ようと考える方もいらっしゃいますが、これは住宅ローンを組んだ銀行にその事を知られてしまった場合には、住宅ローンの残債を一括返済する様に求められる可能性があります。

 

これは、銀行側は、あくまで契約者がそこに生活をする為に必要な住宅ローンの契約を取り交わしたに過ぎないからであり、その前提以外での貸し出しは契約違反となるからです。

 

どうしても賃貸でといった場合には、アパートローンとして再度契約を見直す事となり、それに伴い金利も上昇してしまう可能性もあり、あまり良いアイデアであるとは言えません。

 

また売却を行う際にも、夫婦のどちらの名義になっているのかの確認も必要になります。
例えば夫名義の土地であった場合には、売却後に得られた利益に対する譲渡所得税は、その利益を夫婦で分配していたとしても夫に対して請求されます。

 

これらの事も考えた上で、必要であれば専門家を通して、充分に話し合う必要があると言えます。